FX 自動決済 EA LineBreak2.1

複数の決済機能を搭載した決済重視の初のEAです。

トレードで迷いや欲は、損失に直結します。

 

★手堅く15pipsの利食いをしておけばよかった。

★複数ポジションの合計でプラスの時に一括決済しておけば良かった。

★30pipsの含み益が、少し目を離した間に含み損や損切りになった。伸ばすにしても建値をプラスの位置に移動しておけば良かった。

★4時間や日足も同方向ブレイクしていたのに、伸ばすことをしなかった。伸ばすための決済方法がいつも定まっていない。

★ストップや時間制限を待たずに、逆ペアブレイクで手仕舞いするのを忘れてしまった。監視がいつも甘い。 


これらのストレス、後悔につながる問題点をリアルに解決します。

逆ペアブレイクによる自動決済

例えば、30分足チャートでエントリーして、5分足や15分足の逆ペアブレイクによる自動決済が可能です。

目視では見逃しがちな逆ペアブレイクによる決済は、デイトレの場合、15分足をお勧めします。

ドテンによる自動決済~新規建て

例えば、先に買いポジションを取り、その後、逆行した場合、売りポジションを取り、買いポジションは決済されます。両建てにはなりません。ドテンはよほど経験がないと手動では難しいポジション切り替えとなります。

複数のポジションの合計で自動決済

複数ポジションの合計pips数が任意のpips数に達した時、 自動決済されます。

例、事前に決済pips数を設定します。
例えば、20pipsなど。

マイナスポジション、プラスポジションの合計が、20pipsに達した時、自動決済となります。

複数ポジションを持つことはリスクがありますが、個別の利益にこだわると、逆に振れた時に大きなリスクとなります。

複数ポジションのトータルpipsの決済をするかどうか、迷うことも多々あると思います。

迷うことは、できる限りシステム化するのがお勧めです。

時間制限による自動決済

デイトレの場合、2時間の時間制限をお勧めします。

2時間経っても順行も逆行もしない、、、、
もみ合いが続いているので、

いったん降りるのがお勧めです。
時間制限で自動決済となります。

全てのポジションを一括決済ボタン

チャートの右上に「Exit ALL」ボタンがあります。
複数ポジションを全て決済したい場合は、このボタンを押せば、一括決済されます。

リミット、ストップ設定による決済

日々、手堅く利益を積み重なることを優先にする場合は、リミット、ストップ設定は欠かせません。
4時間足や日足が同方向ブレイクであれば、リミットは広く設定することがお勧めです。ストップは狭すぎると損切貧乏になるので、ルールに沿ったストップ設定が必須です。

含み益時にストップを自動更新

例えば、30pipsの含み益が出ている時に、ストップ値を、建値からプラス方向に任意のpips数自動で移動させます。その状態で利を伸ばすことを狙いますが、最低でも利益は残します。

価格48,000円 →ツールをお持ちの方 → 

36,000円(期間限定)でご提供します。

下記よりお申込みください。